FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスの根:アンチ・ワークライフバランス

CIMG4243.jpg

ワークライフバランスということばが嫌いだった。

ワークとライフは分けることができないと思っていたし
分けることがスマートなことだとは思えなかったし
分けている人の仕事は信用できないとまで思っていた。

週末にはしっかり休養を
といった考え方にも賛成できなかった。

がんが発覚するまでの数年は
土日もほとんど仕事をしていた。

なぜ、そんなふうになってしまったのだろう。

休み明けの出勤が憂鬱で
「サザエさん症候群」だった時期
日曜に働いたら
月曜の出勤が憂鬱でなくなったことがあり
休日をなくしてしまえば
休日明けもなくなることに気づいた。

それ以降、土日でも
出社はしないが自宅で
少しだけ仕事をするようになり
その少しが徐々に増えて
丸々1日仕事をする日も出てきた。

結局、週単位で仕事の割り振りを考える時
土日の時間を当てにすることが
当たり前にまでなった。

仕事を好きだったのだろうか。
嫌いではなかったが
好きというほどでもなかった。

しかし、ノンストップで働いていれば
ストレスは感じていたはずだ。

ただ、仕事をしていれば
仕事にもどるときの憂鬱を回避できるので
安心はできた。

ということは
憂鬱になることが
よほど嫌だったということになる。

その憂鬱と正対せずに回避したことが
仕事中毒ともいえる状態の発端になった。

いまは憂鬱と正対してはいないが
がんと正対している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。